AMP(Accelerated Mobile Pages)対応

Accelerated Mobile Pages

ウェブページの表示速度向上により、モバイル検索における検索ランキングに対してポジティブなインパクトを与えたい、ユーザー体験の向上を目指したいという場合にひとつの選択肢となる、ウェブページのAMP(Accelerated Mobile Pages)対応を確実にお手伝いいたします。

サービス詳細

下記のようなお客様に最適です

  • メディアサイトなどを運営していて、ウェブサイトの表示高速化を実現したい企業・団体様
  • ウェブサイトリニューアルを機会に、AMP対応も実施したいとお考えの企業・団体様
  • ウェブサイトの表示速度向上によってユーザー体験(UX)の向上を図りたい企業・団体様

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは

AMP(Accelerated Mobile Pages)は、米Google社が中心となって開発されているオープンソースプロジェクトです。

「AMP HTML」と呼ばれる、独自の要素を追加した拡張版HTMLに加え、様々な機能を提供するJavaScriptライブラリ群、さらに「Google AMP Cache」と呼ばれるキャッシュ機能を利用し、スマートフォンなど、モバイルデバイスでのウェブサイト表示を高速化することを目的としており、モバイル検索において、AMP対応ページにAMPロゴを附与したり、リッチリザルトやカルーセルの一部として表示されるようにするなど、Googleがその利用を推奨している技術です。

ウェブページの表示速度は、ユーザー体験に大きな影響を与えます。特にモバイル環境では表示速度の低下が、ウェブサイトからの離脱率の上昇、コンバージョン率の低下といった問題を引き起こす大きな要因ともなり得ます。

また、AMP対応したウェブページであるかどうかが、直接的にGoogle検索におけるランキングに影響することはありませんが、ウェブサイトの表示速度がランキングに影響することを、Googleが明言しており、AMP対応は、表示速度を向上させる施策のひとつとして、SEO(Search Engine Optimization)においても効果的といえます。

AMP導入計画から、AMPに適したデザイン、実装まで

AMPを導入するにあたっては、ウェブサイト内のどのページをAMP対応させるのか、どこをAMP対応することが最も効果的なのか、といったコンテンツ選定や、AMPで実装可能な機能の選定は重要です。

また、公開後のメンテナンス性を確保するために、HTMLで記述される、所謂「通常版ページ」の更新と連動して、なるべく自動的にAMP版が生成されるように、例えば利用するCMSでどのような実装が必要なのか、といった事前の設計が欠かせません。

さらに、デザイン面でも、通常版、AMP版とでなるべく差異のないデザインを作成することでメンテナンス性を向上させることができますし、どちらのバージョンにアクセスした場合でも、統一したユーザー体験を提供することができます。そのためには、AMPにおいてパフォーマンスを低下させないUI設計や、デザインの作成を行う必要がありますし、HTMLの構文エラーが許されないAMPにおいては、確実な実装能力も必要になります。

弊社は、これまでの多くのウェブサイト、およびAMP対応の経験に基づき、確実なAMP対応をお手伝いいたします。

提供サービス

人材育成・セミナー

企業ウェブ担当者やウェブクリエイターに技術的知識、マーケティングの知識、情報リテラシーをはじめとした専門的なスキルトランスファーを行い、社内体制の確立を支援します。