Webアクセシビリティコンサルティング

Webサイトにおいてもっとも重要、かつ基本的要件であるWebアクセシビリティ(情報へのアクセスしやすさに関する度合い)に関する専門的なコンサルティングやWebアクセシビリティ向上のための検証、実装、試験までを一貫してご提供いたします。

アクセスできなければ、Webサイトは無価値

Webサイトに誰でもアクセスすることができる、どんなデバイスや環境からでも等しく情報を取得することができ、Webサイトにおいて目的を達成することができることは、何よりも重要なことであり、いわば土台と言えるものです。

どんなに凝ったビジュアルデザインも、どんなに素晴らしい機能も、アクセスできなければ本来の力を発揮しないばかりか、利用者にとって何ら価値を生み出しません。

利用者がその使用デバイス、利用環境、あるいは身体的な事情にかかわらず、必要な情報に到達し、Webサイトを訪れた目的を果たすためには、Webアクセシビリティに十分に配慮することが必要です。それが利用者にとって本当に満足度の高いWebサイトであり、企業への信頼感や評価にもつながるのです。

Webアクセシビリティはすべての人に必要なもの

Webサイトにおけるアクセシビリティというと、高齢者や障害者向けの対策とお考えの方もいらっしゃいますが、本来のWebアクセシビリティとは、すべての利用者を対象にしたものです。

インターネットの利用が一般化し、誰もがインターネットを使うようになった現在、利用者が使用するデバイスや環境も多種多様になっています。

スマートフォンやタブレットPCをはじめ、携帯できるモバイルコンピュータが普及したことで、従来のパソコンより小さい画面でWebサイトを閲覧している方、家庭や職場のブロードバンド回線だけでなく、より通信速度の遅い、モバイルデータ通信を利用してWebサイトにアクセスする利用者もいらっしゃいます。

もちろん、視力の関係で小さい文字が読みにくい方、細かい操作が苦手な方、あるいは障害によってWebサイトの閲覧に特殊な環境を要する方など、身体的な事情も様々です。

このように、様々な状況でアクセスしてくる利用者に対して、ある特定のデバイスや環境でなければ必要な情報が取得できない、あるいは必要な操作ができず、目的を達成できないといったWebサイトでは、その環境を持たない、あるいは持てない利用者に不便を強いるだけでなく、企業にとっても大きな機会損失となる可能性があります。

Webサイトの特性や要件、ご予算に応じた対策をご提案

Webアクセシビリティに関する国際的な規格として、Webの標準技術を策定する標準化団体である「W3C」が策定した「Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0」が「ISO/IEC 40500:2012」として国際規格になっています。

国内ではWebコンテンツのアクセシビリティに関するJIS規格「JIS X 8341-3(高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ)」が2004年に公示されていますが、その後「Web Content Accessibility Guidelines(WCAG) 2.0」に準ずる形で改訂された「JIS X 8341-3:2016」が、2016年4月に公示されており、国際標準と足並みをそろえた運用が始まっています。

このため、国内におけるWebアクセシビリティ対応はもとより、グローバル企業における各国現地法人のWebサイトを含めた全社的なWebアクセシビリティ対応においても「JIS X 8341-3:2016」を用いることで、国際的な標準規格に基づいたWebアクセシビリティ対応が可能になっています。

よって、弊社でWebアクセシビリティ対応という場合「JIS X 8341-3:2016」への適合・準拠を目的とした各種サービス・技術等の提供を前提としております。

とはいえ、一言でWebアクセシビリティ対応といっても、企業やWebサイトのおかれている状況、社会的役割などによって必要なアプローチは異なります。

例えば、公的機関のWebサイトであれば、「障害者基本法」によって 行政の情報化及び公共分野における情報通信技術の活用の推進に当たつては、障害者の利用の便宜が図られるよう特に配慮しなければならない と定められています。

また、「行政情報の電子的提供に関する基本的考え方(指針) / PDFファイル(31KB)」においても、ウェブコンテンツ(掲載情報)に関する日本工業規格(JIS X 8341-3)を踏まえ、各府省は、コンテンツを同規格に沿ったものとするため、必要な修正及び作成を行う と記述されているとおり、広範囲、かつ高いレベルでのガイドラインへの適合・準拠が求められます。

しかし、例えば中小企業のWebサイトまですべてこれに則ってWebアクセシビリティ対応を実施しようとする必要はありません。

弊社では、まずお客様のWebサイトの現在の状況を確認した上で、Webサイトの規模、利用者の動向や特性、企業の社会的役割とご予算に応じて優先順位を見極め、どのような範囲、あるいは適合レベルで「JIS X 8341-3:2016」への適合、もしくは準拠を目指すのかを定める「Webアクセシビリティ方針」の策定にお客様と共に取り組みます。

その上で、定めたWebアクセシビリティ方針に基づくWebサイトの設計、実装、および試験や試験結果の検証から、適合宣言、あるいは準拠表明に必要なドキュメントの作成など、Webアクセシビリティ対応の各プロセスにおいて、的確なアドバイス、コンサルティングを提供することが可能です。

また、Webサイトの運用に伴い、ページ追加や改修が行われる場合においても、Webアクセシビリティ方針に基づいてアクセシビリティが確保されているかを検証するなど、長期にわたるWebサイトのアクセシビリティ確保に貢献いたします。

既存Webサイトの適合評価も可能

すでに運用中のWebサイトが、「JIS X 8341-3:2016」における適合レベルをどの程度達成しているのかを検証し、結果・改善提案レポートとしてご提供することも可能です。

Webアクセシビリティの観点から、Webサイトの品質チェックを行うことができ、その結果を次のWebサイト戦略、リニューアルプランの策定などに活かすことができます。

Webアクセシビリティに関する専門家が責任を持って対応

弊社代表は、古くよりWebアクセシビリティガイドラインに適合・準拠したWebサイトの構築やコンサルティングを数多く手がけております。また、著書や専門誌においてWebアクセシビリティに関する記事を多く執筆しているほか、セミナー等でも講演を行うなど、Webアクセシビリティを専門分野のひとつとしています。

Webアクセシビリティに関する幅広い知識と豊富な経験を持った専門家が、責任を持ってお客様Webサイトにおけるアクセシビリティ対応のお手伝いをさせていただきます。

ご相談・お問い合わせ

サービス一覧

テクニカルアドバイザー

ビジネスにWebを活用したいが何から始めればいいのかわからない、Webサイトについてプロの意見が欲しいといった様々なお悩みを解決するためのアドバイザリーサービス。

社員教育支援

企業Web担当者やWebクリエイターに技術的知識、マーケティングの知識、情報リテラシーをはじめとした専門的な教育を行い、人材開発・育成を支援します。

  1. バーンワークス株式会社
  2. サービス案内
  3. テクニカルアドバイザー
  4. Webアクセシビリティコンサルティング