Webアクセシビリティ チェック(評価)サービス

Web Accessibility Check

Webサイトのアクセシビリティを、総務省が開発し、提供するアクセシビリティ評価ツール「miChecker(エムアイチェッカー)」を使用したプログラムによるチェックと、Webアクセシビリティの専門家の目視による、より詳細なチェックによって、評価・検証します。

サービス詳細 Service Details

下記のようなお客様に最適です

  • Webアクセシビリティ対応作業完了後のテスト、レポート作成をアウトソーシングしたい企業・団体様
  • Webアクセシビリティ対応プロジェクトを開始する前に、対象Webサイトの現状をチェックし、改善が必要な点を把握しておきたい企業・団体様
  • Webアクセシビリティ(JIS X 8341-3:2016 等)に準拠、または配慮したWebサイトの構築をお求めの企業・団体様
  • Webアクセシビリティ対応に数多くの実績、経験やノウハウを持つ信頼できるパートナーをお求めの企業・団体様
  • Webアクセシビリティ対応を求められているが、専門的な知識やノウハウを持った人材や委託先がいなくて困っているという企業・団体様

Webアクセシビリティチェック作業においては、大きく下記の3つの手法が用いられます。

  • プログラムによって機会的に行うチェック(AC: Automated Check)
  • その機械的なチェックで発見可能なチェック項目を人間が目視で判断する方法(AF: Automated Find)
  • 機械的なチェックでは発見不可能なチェック項目を人間が目視で判断する方法(HC: Human Check)

弊社のWebアクセシビリティチェックサービスは、この全ての手法を適切に組み合わせることで、より確実なWebアクセシビリティチェックを実現。Webアクセシビリティ対応実施前のチェックだけでなく、Webアクセシビリティ対応済みサイトの最終テストなどでご活用頂けます。

また、チェック後、具体的にどのような方法でWebアクセシビリティ対応を行うのかといった計画立案などのコンサルティング、インハウスでWebサイトを運営されている企業様であれば社内のスタッフ様向けにWebアクセシビリティに関する研修や勉強会を実施したり、あるいは外注先企業様へのスキルトランスファーといったサポート。必要に応じて実際の対応作業に関しても引き続きご提供可能ですので、Webアクセシビリティ対応でお悩みの企業様は、まずは一度、お気軽にご相談ください。

Webアクセシビリティ専門家によるチェックで安心

プログラムによって機会的に行うチェック(AC: Automated Check)のみでWebアクセシビリティに関するすべてのチェックが問題なく完了するのであれば、それはもちろん理想的なのですが、残念ながらプログラムのみで完全なWebアクセシビリティチェックを行うことはできません。

例えば、画像に求められる代替テキストが、「設定されているか」「設定されていないか」について、プログラムは判定可能ですが、「設定された代替テキストが、その画像に対して適切なものか」までは判断ができません。よって、「miChecker」においてチェック結果が「問題の可能性大」だったとしても、実際に専門家が目視で確認すると問題がない場合もあるなど、機械的なチェックはあくまで参考結果として使用すべきものです。

そのため、Webアクセシビリティチェック作業においては、機会的なチェックのみではなく、先に述べた、機械的なチェックで発見可能なチェック項目を人間が目視で判断する方法(AF: Automated Find)、および機械的なチェックでは発見不可能なチェック項目を人間が目視で判断する方法(HC: Human Check)という、人間が最終的に判断するチェック方法を併用することが求められます。

最も標準的な方法としては、ランダムサンプリングした15~30ページを対象に、Webアクセシビリティの専門家が細かくチェックした上で、ご希望の適合レベルにあわせた「Webアクセシビリティチェックシート」を作成。さらに、チェック結果とあわせて、そこからわかる問題点の傾向や対策方法についてまとめた簡易レポートを作成いたします。

本格的な専門家チームによる全ページチェックにも対応可能

JIS X 8341-3:2016 の「附属書JB(参考)試験方法」に基づく試験をWebページ一式単位で実施し、Webアクセシビリティ方針で定めた、Webサイトが目標とする適合レベルが達成されているかの確認や、JIS X 8341-3:2016 試験結果を公開するため、全ページにわたる達成基準チェックリストの作成が必要な場合など、本格的なWebアクセシビリティ試験の実施に関しても穂風な経験と実績を基にお手伝い可能です。

弊社は官公庁WebサイトにおけるWebアクセシビリティ対応プロジェクトにおける、Webアクセシビリティチェック作業、および改善作業実施の経験があり、大規模Webサイトへの対応も可能な体制を整えております。

自動化プログラムのみによる低価格プランもご用意

機会的なチェックのみで構わないので、Webサイト全体のWebアクセシビリティチェックをスピーディ、かつ低価格で行いたいというお客様には、自動チェックプログラムによるチェックサービスもご提供可能です。詳しくは下記をご確認ください。

関連サービス Related Services

提供サービス Service Lineup

Web担当者育成

企業Web担当者やWebクリエイターに技術的知識、マーケティングの知識、情報リテラシーをはじめとした専門的なスキルトランスファーを行い、社内体制の確立を支援します。